スキンケア

にきびを悪化させ、美白を邪魔する!間違った洗顔料の選び方

あなたのにきびがずっと改善されず、美白化粧品の効果もあまり出ていないようなら、洗顔料の選び方が問題なのかも。
マイルド洗顔料・泡タイプの洗顔料・しっとり処方の洗顔料など色々ありますが、
にきび・美白ケアが目的なら避けるべき洗顔料もありますので、詳しくご紹介していきます。
「にきびは治らないし、美白ケアはしてるけどイマイチ効果が感じられない・・・」
(画像76挿入)
そんな人は、今使っている洗顔料が良くないのかも知れません。

にきびに悪いだけでなく、美白の邪魔もしてしまう洗顔料を選んでいませんか?

間違った洗顔料の選び方をまとめましたので、にきびと美白の両方をケアしたい人は必見です。

<にきびは悪化し、美白にならない洗顔料の選び方>
①ほとんど泡立たない洗顔料
洗浄力が弱いので、あまり汚れが落ちません。
にきびの原因となる余分な皮脂や古い角質も肌に残ってしまうので、にきびが治らず悪化する原因に。

また、泡が無いと肌を直接こすってしまうことになり、美白の大敵である色素沈着を引き起こします。

このタイプの洗顔料は、水もしみるような超敏感肌の人専用の洗顔料と言えます。

②泡で出てくる洗顔料
お手軽で時短にもなる泡タイプの洗顔料ですが、これには界面活性剤や発泡剤などの化学物質が多く含まれています。

これらの成分は肌への刺激となり、にきびにも美白にも良い影響がありません。

少し手間ですが、洗顔料は毎回きちんと泡立てて使いましょう。

泡立てネットを使えばほんの数秒でモコモコの泡が作れます。

これがにきびレスの美白肌を作る一番の近道ですよ。


③洗い上がりがとてもしっとりする洗顔料
乾燥肌の人には嬉しい効果のように思えますが、実はあまりにしっとりする洗顔料は、にきび・美白ケアの大敵なんです。

このしっとり感の正体は、洗顔料に含まれる油分が肌表面に残ったもの。

余分な皮脂を洗い落とすはずの洗顔で、逆に肌へ油膜を張っているんです。

これでは毛穴が詰まってにきびが出来ますし、洗顔後に使う美白美容液の浸透も悪くなります。

「何となくしっとりした感じが残る洗顔料」ではなく、

「保湿成分が入っていて肌をうるおす洗顔料」を選びましょう。

同時に美白成分も含まれた洗顔料を選べば、毎日の洗顔でにきびも美白もケアできますよ★

賢い洗顔料選びで、にきびのない美白肌を手に入れましょう(´ω`*)
にきび 美白 洗顔料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です